読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

裏庭の鶏

映画と本と、時々舞台

小説フランス革命2『パリの蜂起』 感想

小説フランス革命2『パリの蜂起』 著 佐藤賢一 フランス全土が飢饉にあえぐ中、政治改革の意欲に燃えて全国三部会に乗り込んだミラボーとロベスピエール。しかし、僧侶と貴族の特権意識のせいで、議会は全く進まない。反発して国民会議を立ち上げた平民代表…

小説フランス革命1『革命のライオン』 感想

小説フランス革命1『革命のライオン』 著 佐藤賢一1789年。フランス王国は破産の危機に瀕していた。大凶作による飢えと物価高騰で、苦しむ民衆の怒りは爆発寸前。財政立て直しのため、国王ルイ16世は170余年ぶりに全国三部会を召集する。貴族でありながら民…